KelTec P50|P90の系譜を継ぐPDW

KelTec P50|P90のPDW系譜を継ぐPDW
© 2019 KELTECWEAPONS.COM

P50という新しい銃の詳細が2021年1月に発表された。この銃はあまり一般的ではないが強力な5.7mm弾を使ういわゆるPDW(個人防衛火器)といわれる部類に入る銃で、しかも、装弾数は50発と大容量。そして、名前がP50ときくとピンとくる人はピンとくるかもしれない。P50は元祖PDWのP90の系譜を継いだ銃だ。

sponser

P90のマガジンを使用

KelTec P50
© 2019 KELTECWEAPONS.COM

KelTec P50はアメリカのKeltec社が2021年に詳細が明らかし、2021年の第一四半期から発売を開始する半自動銃になる。

P90
P90 ©2021 FN HERSTAL

この銃の特徴は特殊な5.7x28mm弾と50発の大容量のマガジンを使用する点だ。これはあのP90と同じ仕様。P90はベルギーのFNハースタル社が開発したPDWの元祖となる銃だ。5.7x28mm弾は防弾ベストを貫く威力をほこり、半透明プラスチック製の大容量マガジンと相まって高い威力を発揮する。しかし、P90のために開発された5.7x28mm弾を使える銃はFive-seveNなど限られており、汎用性がなく、あまり、この口径は普及していない。そこに目を付けたのかどうかは分からないが、P90の登場から30年経るタイミングでKelTecは5.7x28mm弾を使用する銃を発表した。しかも、FN製のP90のマガジンを使う仕様だ。KelTecは1991年にフロリダ州に創設された会社でFNハースタルとの関係性は特に見られない。

KelTec P50 マガジン
© 2019 KELTECWEAPONS.COM

スペック

見た目は銃身の長い拳銃スタイルで全長は388mm、SFチックなデザインになっている。ストックはなく、ハンドガードの下にアングルフォアグリップのような下から包み込むようなフォアグリップを掴んで銃口を制御する。バレルはスチール製、フレームはポリマー製、ヒンジ付きトップカバーはアルミニウム製で重量は1.43kg。マガジンの装填はP90同様にちょっと面倒でトップカバーを開けて装填するので慣れるまでちょっと時間がかかりそう。ハンドガードの上下にはピカティニーレールが装備されており、照準器やライトなどアクセサリーの追加が可能だ。

KelTec P50
© 2019 KELTECWEAPONS.COM

バレルの長さは244mmとP90の266mmとさほど変わらず、銃口初速、精度、射程などは同等の能力をゆうするとされ、100mの距離で正確な射撃を提供する。

今の所、一般販売のみのため半自動銃になるが、法執行官機関での採用が決まれば全自動タイプも出てくるだろう。

スペック

口径5.7mm
重量1.43kg
全長380mm
銃身長(バレル)244mm
弾丸5.7x28mm弾
装弾数50発
sponser

Source
https://www.keltecweapons.com/firearms/pistols/p50/
https://www.thefirearmblog.com/blog/2021/01/12/keltec-p50/

sponser
KelTec P50|P90の系譜を継ぐPDW
フォローして最新情報をチェックしよう!