SIG SAUER MG 338|米特殊作戦群の新しい軽機関銃

sponser

SIG SAUERはアメリカ特殊作戦軍(USSOCOM)SIG MG 338及びMG338マガジン、弾薬、サプレッサーの一式の購入と納入が完了した発表した。これらはすべて、米国のSIG SAUERによって研究、設計、製造されたものになる。

sponser

今の機関銃の隙間を埋める軽機関銃

米軍の機関銃はM249(5.56㎜)M240(7.62㎜)M2(12.7㎜)の3つが現在採用されている。SIG MG 338は、60年にわたって米軍に使用されている現在のM240と比較して重量がわずか9Kg(M240は12.5㎏)と軽量化を実現していながらも、射程と威力が大幅に向上している。さらに110年にわたって米軍で使用されてきたM2と比較すると、威力こそ、劣るもののMG 338の重量は約4分の1である。そもそもM2は車載搭載を主としており、兵士が携行するには不向きな銃になる。

スナイパーライフル並みの射程と威力

MG 338が使用する弾丸は名前に由来する.338ノルマ・マグナム弾を使用する。この弾丸は8.6×70㎜になり、主にスナイパーライフルに使用される弾丸になる。これにより、軽機関銃ながら射程は2000mにも及び、スナイパーライフルと同等の威力を持ってフルオートでの弾幕を張ることができる。発射速度は毎分600発、最大5000発が発射可能になる。銃にはSIG独自の反動軽減 ショートストロークガスピストンシステムを使用しており、高威力ながら反動を抑えている。また、最新のマルチキャリバー、モジュラーシステムを採用し、M240と同じ7.62×51㎜弾仕様に簡単に換装できる。

MARSOCがテスト

MG338はUSSOCOMの厳しい機能テスト、耐久テスト、安全性テストをクリアしている。テストを行ったのは米海兵隊特殊部隊MARSOC(マーソック) になる。落下、様々なストレス化に晒した上で全てのテストをクリアした。

SIG SAUER、Inc.社長兼CEOは以下のように述べている。
「MG338は米軍が数十年ぶりに導入する新しい機関銃、弾薬、サプレッサー一式になる。すべての部品が1つの会社に由来することで、地上部隊に新しいイノベーション、携帯性、および致死性をもたらしました。この認証は、USSOCOMが定めた広範囲で厳しい機能・耐久性・安全性テストに合格し、MG 338システムの卓越した性能について認証されました。」

関連記事

[adcode]M4A1とM249といえば、長らくアメリカ軍の主力小銃と分隊支援火器として活躍してきた銃で世界中の軍隊でも採用される優れた銃だ。しかし、採用から既に25年以上が経過しており、現在、アメリカ陸軍ではこれらのリ[…]

SIG SAUERとTextronの2社がM4とM249の後継モデルの情報を公開
sponser

https://www.sigsauer.com/press-releases/ussocom-purchases-mg-338-machine-guns/

sponser
SIG SAUER MG 338|米特殊作戦群の新軽機関銃
フォローして最新情報をチェックしよう!