2020年に米国で売れたセミオートライフルTop10

新型コロナ、米大統領選挙、BLMによる混乱と社会不安への恐怖心から、米国内では主に自衛用の目的で2020年の銃器販売数が過去最高を記録した。では、実際、どの銃が売れたのだろう?Gun Geniusのデータを基に、最も売れたセミオートライフルのTop10を紹介する。(米国内では火器所有者保護法のもと民間へのフルオートライフルの販売が禁止されている)

関連記事

新型コロナ、米大統領選挙による混乱と社会不安への恐怖心から、米国内では自衛用の目的で2020年の銃販売数が過去最高を記録した。では、実際、米国ではどの銃が売れたのだろう?Gun Geniusのデータを基に、最も売れた自動拳銃のTo[…]

2020年に米国で売れた自動拳銃Top10
sponser

10位 Riley Defense RAK-47

Riley Defenseはノースカロライナに拠点を置く銃器メーカーで主にAK-47、AK-74の米国バージョンの製造をしている。RAK-47は見ての通り、クラシックなAK-47スタイルのライフルで口径も7.62x39mm仕様になる。10位にランクインということで米国でもAKシリーズは一定の人気があるようだ。実用性というよりも、こちらは完全に銃器マニア層が購入していると思われる。

全長:890mm
バレル長:412mm
重量:3,515g
装弾数:30発

9位 Smith & Wesson M&P15-22

マサチューセッツの銃器メーカーSmith & Wessonが製造するAR-15スタイルのライフル。M&P15は法執行機関に採用されるなど国内AR15系ライフルの中でも高い人気を誇っている。M&P15-22はそのバリアントである.22ロングライフル弾(22LR)を使用する.22口径モデルになる。22LRの威力は弱いが弾は安価のため訓練用として人気が高い。SportsモデルではハンドガードにM-LOKを採用し、拡張性が高くなっている。

全長:858mm
バレル長:406mm
重量:2,177g
装弾数:10/25発

8位 Ruger PC Carbine

コネチカットの銃器メーカーSturm,Ruger&Coが製造する9mm口径ライフル。もともとルガーPシリーズの拳銃を使う法執行機関向けに開発されたライフルでより攻撃的な対応をするため開発された。拳銃と同じ9mm弾を使うが長いバレルによって威力と射程を増幅させている。一時、生産が中止されるが民間向けのPCC(ピストルキャリバーカービン)として2017年に再販された。より強力な.40 S&W弾仕様もある。

全長:873mm
バレル長:409mm
重量:3,084g
装弾数:10/17発

7位 Springfield Armory Saint

イリノイの銃器メーカーSpringfield Armoryが製造するAR-15スタイルのライフル。スプリングフィールド国営造兵廠のブランドを継ぎM1ガーランドやM14の民生版M1Aを製造していたが、2016年にAR-15スタイルの銃にも参入。Saintは5.56mm口径仕様でオーソドックスなARスタイルを踏襲しながら独自デザインのハンドガードやマガジンにはPMAG(Gen3)を採用するなど洗練されたデザインに改良している。

全長:901mm
バレル長:406mm
重量:2,771g
装弾数:30発

sponser

6位 KelTec Sub2000

ユニークな銃器を開発することで有名なフロリダ州の銃器メーカーKelTec。Sub2000はピストル弾の9mmと.40 S&Wを使用するライフルだが、このライフルの特徴はコンパクトに真っ二つに折り畳めることで775mmの全長は半分に畳むと413mmになる。バレルは413mmとピストル弾でも十分な精度と射程を有する。ピカティニーレールにM-LOKと拡張性も高く、グロックやSIGの拳銃マガジンがそのまま使用でき、装弾数は最大33発なる。

全長:775mm
バレル長:413mm
重量:1,900g
装弾数:33発

5位 Ruger 10/22

Sturm,Rugerの銃としては2挺目のランクイン。1964年の発売から既に半世紀以上が経つ、ルガーの伝統を受け継ぐリムファイア式の.22口径モデルのライフル。構造が単純で価格も300ドルと手頃、メンテナンスが楽で耐久性も高く、命中精度も高い。M1カービンを彷彿とさせるデザインもあり、米国民の間で長年人気を得ている。

全長:940mm
バレル長:470mm
重量:2,300g
装弾数:10発

4位 Sig Sauer SIGM400

ドイツ、米国などに拠点を置くSIG Sauerが製造するAR-15スタイルのライフル。見た目はほぼM4カービンで同じダイレクト・インピンジメント式の5.56mm口径仕様。バレルは14.5~20インチの4つが用意されている。法執行機関の間で人気が高く、米国内の多くの警察に採用されている。海外では軍の採用実績もある。近代化されたM400TREADシリーズも人気だ。

全長:
バレル長:368~508mm
重量:3,400g
装弾数:30発

sponser

3位 Desert Tech MDR

ユタの銃器メーカーDesert Tech。アメリカであまり人気が無いとされている発射機構を後方に置くブルパップ式が3位となっている。軍や法執行機関の採用実績がほとんどないブルパップだが、民間では一定の人気はあるようだ。ライフルとしての性能は高く、高度なモジュラー設計で様々な口径に簡単に換装できる。コンパクトで耐久性も高く軍用グレードのスペックを誇り、価格も高い。

全長:698mm
バレル長:410mm
重量:3,720g
装弾数:10/20/30発

関連記事

Phot by Desert Techアメリカでは発射機構を後部に配置するブルパップ式のライフルはあまり人気がありません。事実、米軍では正式銃と採用されたことはありませんし、法執行機関でも採用実績はほとんどありません。そんな米国市[…]

Desert Tech MDR|民間に人気のあるブルパップライフル

2位 Ruger AR-556

Sturm,Rugerとしては3挺目になり、米国内での同社の人気が伺える。AR-15スタイルのライフルになり、M4カービンをベースにしている。556とあるように5.56mm口径仕様。ハンドガードには耐熱性のガラス繊維入りナイロンを使うなど耐久性も高い。

全長:901mm
バレル長:409mm
重量:2,948g
装弾数:30発

1位 Smith & Wesson M&P 15 Sport II

Smith & Wessonとしては2挺目のランクイン。オーソドックスなAR-15、M4スタイルでこちらは5.56mm口径仕様になる。値段も手頃で耐久性、精度などバランスも良く、法執行機関での採用実績もある。AR-15スタイルのライフルを求めるユーザーとしては安心して購入できるモデルと人気が高い。

全長:889mm
バレル長:406mm
重量:2,948g
装弾数:30発

10挺中5艇がAR-15(M4カービン)スタイルになり、やはりAR-15の人気は根強い。それ以外のライフルは割と個性豊かなラインナップになっているのが興味深い。ちなみに11位に本家本元のColt M4カービンが入っている。

関連記事

新型コロナ、米大統領選挙による混乱と社会不安への恐怖心から、米国内では自衛用の目的で2020年の銃販売数が過去最高を記録した。では、実際、米国ではどの銃が売れたのだろう?Gun Geniusのデータを基に、最も売れた自動拳銃のTo[…]

2020年に米国で売れた自動拳銃Top10
sponser
sponser
2020年に米国で売れたセミオートライフルTop10
フォローして最新情報をチェックしよう!