宇宙作戦隊|航空自衛隊の宇宙部隊

sponser

宇宙作戦隊」とは2020年5月18日に航空自衛隊内に発足する自衛隊初の宇宙専門部隊になる。当初は「航空宇宙自衛隊」という名称を予定していたが、2020年5月8日に河野太郎防衛相は「宇宙作戦隊」に改めると発表した。

sponser

発足の経緯

出典:防衛省

防衛相は宇宙航空研究開発機構 (JAXA)とも協力して2020年度に宇宙領域を専門とした宇宙部隊「宇宙作戦隊」を航空自衛隊に新設する。令和2年度の予算の概算要求(524億円)にも盛り込まれている。これは、アメリカの宇宙軍の創設に伴い、宇宙空間においても日米同盟の連携強化を図る狙いがあり、当初は2022年度に予定していたが、アメリカの動きに合わせ前倒しした。

任務

出典:防衛省

宇宙部隊の主な任務は増えるスペースデブリ(宇宙ゴミ)と他国の衛星を監視する。初期の任務は監視業務だけになり、集めた情報は米国との情報共有の上、実働は米宇宙軍が行う形になると思われる。また、目下の課題は宇宙空間を飛来するかもしれない北朝鮮の弾道ミサイルの監視だろう。隣国の中国、ロシアは既に宇宙専門部隊を発足しており、周辺国への牽制の狙いもあるだろう。

関連記事

[adcode]米軍は2019年8月29日、特殊作戦軍、サイバー軍などに続く11番目の統合軍として新たに宇宙領域での任務を統括する「宇宙軍」を発足させた(12月に軍に格上げ)。主な任務は人工衛星の運用や宇宙空間での偵察・監[…]

アメリカが宇宙軍を発足!各国の宇宙軍事情は?自衛隊は?

宇宙の脅威

スペースデブリが、人工衛星の軌道上に飛散し、衛星を破損させる可能性がある。中国やロシアなど対衛星兵器(ASAT:Anti Satellite Weapon)を開発中ともいわれており、既に地上から発射されたミサイルで宇宙空間の衛星を撃墜する実験を成功させている。他にも衛星で他国の衛星を捕獲したり、ジャミングを起こして衛星を無効化するキラー衛星を開発しているともいわれている。2026年にはJAXAと協力して監視衛星の打上を計画している。

https://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2018/html/n13401000.html

拠点

拠点は、東京都の航空自衛隊府中基地に置かれ、レーダーは、山口県の海上自衛隊山陽受信所跡地に建設、2023年に実用化される計画になっている。府中基地には滑走路は無く、航空支援集団司令部、航空保安管制群本部、航空気象群本部、航空開発実験集団司令部などが置かれている。

隊員規模

初期の隊員規模は20人で、その後、70~100人規模に拡大を予定している。米宇宙軍の初期人員が16,000人と比較すると規模は非常に小さく感じる。

関連記事

[adcode]アメリカ軍の宇宙統合軍が発足し、各国の宇宙空間での軍拡、覇権争いが激しくなってきた。日本の自衛隊も来年度には宇宙部隊を発足する。今後は宇宙空間、大気圏を舞台にした各国のにらみ合いが行われるだろう。そこで気に[…]

領空ってどこまで?大気圏まで?宇宙空間はどうなる?
sponser
sponser
宇宙作戦隊|航空自衛隊の宇宙部隊
フォローして最新情報をチェックしよう!
>ミリタリー関連の総合メディア

ミリタリー関連の総合メディア

軍事関連や戦争といった歴史、サバゲーやゲームとアクティビティ、映画、アニメといたコンテンツのミリタリーよりのニュースを提供します。世界の迷彩