世界最強のスナイパーライフル10選

スナイパーライフルとは、遠くの目標を狙撃すること目的とした狙撃に特化した小銃になります。第二次世界大戦時にはスナイパーライフルという分類はなく、小銃の中でも制度の高いものを選別してスコープなどを付け、狙撃に秀でた兵士に供与していました。現代では軍隊の中でも狙撃手は、役割が分担、専門化され、当初から長距離狙撃を目的として数多くのスナイパーライフルが開発・製造されています。スナイパーライフルに求められるのは狙撃の精度と威力はもちろんのこと、戦地で携行することを前提した、堅牢さと悪条件下でも使用でき修理が簡単なメンテナンス性も備えてこそ最強といえます。そんなスナイパーライフルの現時点での世界最強はどれなのか?スナイパーライフル10選を紹介します。

sponser

Barrett M82(バレットM82)

アメリカのバレット・ファイアーアームズ社が開発・製造した大型のセミオートライフル。重機関銃にも使用される50口径の12.7mm弾を使用し、その破壊力はブロックやコンクリートを貫通します。軽車両の装甲を貫く威力はアンチマテリアルライフル、対物ライフルにも分類されます。セミオートで装弾数は10発と多く連射性に優れています。射程は公式には1,800mですが、2,500m以上の射撃も成功させるなど、これまで数多くの狙撃記録を打ち立てています。世界最強の狙撃銃の一つといわれ、これまで50以上の軍隊で使用されています。

Steyr SSG 69 (ステアーSSG69)

オーストリアのステアー社が開発・製造したボルトアクションライフルです。1969年からオーストリア陸軍の標準装備として採用され、中東やアジアの紛争地でも広く使われ、民間では狩猟用としても販売されています。正確さと精度を持ち合わせたSSG69は7.62x51mmNATO弾を使用し、有効射程は800m、重量は3.8~4kgと大変軽く運用性に優れており、1000m前後の射程のスナイパーライフルとしては最強の銃の一つです。40年間仕様変更されずに生産されてきましたが、2015年でSSG69の製造は終了しており、今後は後継のSteyr SSG08が予定されています。

AWM(L115A1)

イギリスのアキュラシー・インターナショナル社が開発・製造したボルトアクションライフルです。AWMは”Arctic Warfare Magnum”の略で、北極圏での気候に対応するためにL96A1を寒冷地対応改修したモデルです。カートリッジは7.62mmの300ウィンチェスターマグナム弾と8.6mmの338ラプアマグナム弾の両方が使用できるボックスマガジンを採用しています。有効射程は1,500~1,700mを誇ります。超長距離射撃を行うため取り外し可能な低照度条件下用のアイアンサイトと昼夜サイト、サーマルスコープを装着可能です。イギリス軍のスナイパーCraig Harrisonは2009年11月にAWMで当時最長の2,475mの狙撃を成功しています。

関連記事

[adcode]AWMは世界最強のスナイパーライフルの一つといわれている。特にゲームの中では最強で人気ゲーム『PUBG』『荒野行動』の中では最強の狙撃銃として君臨している。北極圏戦闘用ライフル […]

AWM|世界最強といわれるスナイパーライフル
sponser

McMillan TAC-50(マクミランTAC-50)

アメリカのマクミラン社が開発・製造したボトルアクション対物ライフルです。 アメリカ軍での名称はMk15になり、NAVY SEALsが採用し、カナダ陸軍など各国で採用されています。銃身のバレルの長さは73.7cmになり銃口には発砲時の衝撃を最小限に抑えるためのマズルブレーキが施されています。ストックにはグラスファイバーというガラス繊維を使用し、バレットM82より軽い11.8kgになります。TAC-50は映画『アメリカン・スナイパー』のクリス・カイルもイラクで使用しています。2017年にはカナダ軍のタスクフォース2のスナイパーが3,540mの狙撃を成功しています。現在、狙撃の世界記録TOP5の内、3つがこの銃によって記録されました。

関連記事

[adcode]出典:カナダ軍「世界最強のスナイパーライフルは何か?」と定義づけするのは難しい。狙撃は高度な作業で銃だけではなく射手の技量によるところも大きいからだ。しかし、優れた狙撃手は優れた狙撃銃を選ぶ。優れた射手との[…]

TAC-50|数々の狙撃記録を塗り替えた狙撃銃

SAKO TRG 42 

フィンランドのセコー社が開発・製造したボルトアクションライフルです。重量は5~6kgになり、スナイパーライフルとしてはSteyr SSG 69と並び最軽量の部類で、かつ高い耐久性も実現しています。マガジンはダブルカラムの着脱式で装弾数5~7発と装弾数とリロード性能に優れます。軽量ながら強力なマグナム弾を使用し、.300ウィンチェスターマグナム弾と338ラプアマグナム弾の両方が使用でき有効射程は1,500mを誇ります。

M24 SWS

レミントン700ライフルをベースに狙撃用に開発されたスナイパーライフルです。スプリングフィールドアーモリーM21に代わるものとして1980年代に開発され、1988年に米陸軍に配備されました。M24は狙撃用に特別に開発された陸軍初の武器で、取り外し可能な照準器やバイポッドなどさまざまなツールやアクセサリーが合わせて開発されました。ライフリングの溝の数が一般的な偶数ではなく、5つという奇数になり、互いに直接向かい合う溝やランドがないため、弾丸の変形が大幅に減少し、より高い精度が得られれます。射程は800mと短く、今日では軍での利用は減りましたが、そこまで射程が必要ではない法執行機関での人気は高い。陸上自衛隊でも装備されています。

MRAD

米国特殊作戦司令部(US SOCOM)が2019年に特殊部隊のスナイパー用に採用したバレット社のボルトアクション式ライフル米軍ではMk22と呼ばれています。2008年に開発され、2012年にはNRA(全米ライフル協会)のライフルオブザイヤーに選ばれるなど優れた銃として有名です。この銃の特徴は簡単にバレルを換装できることです。これにより、中距離の7.62×51mmNATO弾、そして長距離射撃用の.300ラプアマグナム弾(7.62×70mm)、そして超長距離用の.338ラプアマグナム弾(8.58×71mm)と口径のことなる3つの弾丸を標的や距離に応じて使用できます。

sponser

T-5000

ロシアの新興銃器メーカーのプロムテクノロジーズ(ORSIS)が開発したボルトアクション式ライフル。2012年からロシア軍や政府機関の特殊部隊に供給されています。.375 CheyTac弾を使用するその有効射程距離は2,000mとされており、世界的にも見ても優れた射程を誇る狙撃銃です。また、ロシアの銃らしく、過酷な軍事条件下向けに作られており、砂塵の多い砂漠から高温多湿のジャングル、氷点下の北極圏で運用可能な耐久性を擁しており、マイナス45度からプラス45度の間で問題なく動作するなど全ての環境に対応できます。

関連記事

[adcode]© 2020 PROMTECHNOLOGIES GROUP前回、ロシア特殊部隊用の狙撃銃として最大7kmの射程を誇るDXL-5狙撃銃について紹介したが、その競合となる狙撃銃がある。ロシア国家親衛隊が採用する[…]

ORSIS-CT20(T-5000)|スペツナズの次期狙撃銃候補

SVLK-14S

狙撃銃の有効射程は大体1,000~2,000mの間です。環境や条件、射手の技術によっては有効射程を超える2,000m以上、時には3,000m以上の射撃を成功させることはありますが奇跡に近い偉業です。しかし、ロシアのLobaev Arms(ロバエフ・アームズ)が開発したこの銃は、有効射程の時点で3,000mを有しており、これは狙撃銃としては最長の性能です。408Chey Tac弾を使用し、テストでは世界最長の4.1kmの射撃を成功させています。有効射程だけで見れば世界最強のスナイパーライフルです。

関連記事

[adcode]狙撃の世界最長記録をご存じですか?イギリス軍のクレイグ・ハリソンが2009年にアフガニスタンで達成した2.5㎞が現在の最高記録だ。この記録を500mも上回る有効射程を誇るスナイパーライフルをロシアの企業が開[…]

世界最長3kmの射程を誇るスナイパーライフルSVLK-14S

CheyTac M200(シャイタックM200)

米国のCheyTac LLCによって開発されたボルトアクション式ライフル。主に2,000m弱の狙撃を行うために開発され、375・408Chey Tac弾を使用し、2,122mの狙撃を成功させるなど1,500~2,000mの長距離で高い精度をほこります。2001年から生産され、英軍のSASや米海軍のシールズなど世界各国の特殊部隊に配備されています。しかし、価格が高いため、あまり普及しておらず、マイナーな狙撃銃です。

アメリカンスナイパーのクリス・カイルが選ぶアメリカの歴史に残る銃10選

歴史に残る世界の最強スナイパー(狙撃手)8人

狙撃の世界最長記録ランキングTop20

sponser
sponser
フォローして最新情報をチェックしよう!