HK MG5 7.62mm機関銃はドイツ連邦軍の次期主力汎用機関銃です

sponser

HK MG5機関銃はドイツのヘッケラー&コッホ社(H&K)が開発したベルト給弾の7.62×51mm汎用機関銃で、50年以上に渡って使用されたきたラインメタルMG3機関銃の後継機です。

sponser

開発経緯

MG3機関銃(写真上)は第二次大戦中のナチス・ドイツのグロスフスMG42をベースに開発され、1959年に西ドイツ軍に採用されました。以後、50年以上に渡って分隊支援火器、車両搭載火器として使用されてきましたが、老朽化、前近代化しており、次期汎用機関銃の検討が始まり、2010年に設計が開始され、HK121という名で開発が行われます。設計はH&K社が既に開発を行っていた5.45×56 mmNATO弾基準のHK MG4軽機関銃(写真下)をベースに7.62×51mm弾基準に改修行います。そのため、デザインはMG4とそっくりです。2013年にテストが行われ評価を得てドイツ連邦軍の次期汎用機関銃として採用されるとHK121という名は止め”MG5”という名に変更されます。ドイツ国防省は2億ユーロ、12,733挺の調達をH&K社結びます。2015年から配備が開始され、2022年までにすべてのMG3はMG5に置き換わる予定です。

関連記事

[adcode]ドイツ連邦軍は現在、HK MG4軽機関銃の新しいバリアント「MG4A3」をテストしたと公式SNSで発表した。Einsatzprüfung #MGA3 im Video: #Fallschirmjäg[…]

ドイツ連邦軍が新しいMG4A3軽機関銃をテスト

スペック

MG5は、ロングストロークピストンガス方式を採用し、射撃はフルオートのみでオープンボルト方式で発射されます。MG5はMG4をベースにしていますが、7.62㎜と5.56㎜と口径とサイズが異なるため、交換可能なパーツはほとんどなく互換性はありません。MG3とはインターフェイス部分でバイポッドとマウントに互換性があり、装備していたサイトなどは流用可能です。レシーバーの上にピカティニー方式のスコープレールがあり、光学機器を追加することができます。ポリマー製のバットストック(銃床)には高さを調整できるチークパッド、機関銃では珍しい折畳み式が採用されています。

sponser

射撃とバレル

弾丸は7.62×51mmNATO弾を使用。左側からベルト給弾されます。発射速度は選択可能で、毎分640・720・800発の3つに切り替えることができます。ドラムマガジンの装弾数は50発・120発。射程は約1000メートル前後です。
コールドハンマーで製造された空冷バレルは取り外し簡単な回転ロック式です。約300発を連射した場合、射手は高温のバレルを新しいバレルに交換しないとバレルは直ぐにダメになります。バレルには熱シールドとキャリングハンドルが付いており、高温のバレルでも素手で交換ができます。

sponser

3つのタイプ

MG5

基本のユニバーサルモデルです。

MG5 A1

戦車や装甲車両に取り付けることを目的としたバージョンでリモート発射装置を取り付けることができます。

MG5 A2

より短いバレルとバットストックを備えた歩兵携行用バージョンです。

口径7.62㎜
重量11.2㎏
全長1160㎜
960㎜(ストック折畳み時)
銃身長(バレル)550㎜
弾丸7.62×51㎜NATO弾
装弾数50発/120発
射程距離600〜1,000m(バイポッド)
1,200〜1,500 m(三脚マウント)
発射速度640/720/800発/分
初速810 m/s
※ユニバーサルモデル
sponser

https://www.heckler-koch.com/en/products/military/machine-guns/mg5/mg5/overview.html

sponser
HK MG5 7.62mm機関銃はドイツ連邦軍の次期主力汎用機関銃です
フォローして最新情報をチェックしよう!