中国が世界最大の四足歩行軍用ロボットを開発

中国が世界最大の四足歩行軍用ロボットを開発
youtubeより

中国人民解放軍は、兵站および偵察任務で歩兵部隊を支援するために、四足歩行の電動ロボットを開発したと国営メディア人民日報が報じました。中国は四足歩行ロボットとしては世界最大であると主張しています。

牛科のヤクのような見た目ですが、ヤクと同様にこの四足歩行ロボットの役目は舗装されていない山岳地帯など車両が侵入することが難しい領域で人間(兵士)を支援することです。

sponser

物資の運搬と監視が役割

ロボットのサイズは明らかにされていませんが、高さは成人男性の腰より少し高いぐらい、全長は170cm前後ぐらいでしょうか。その大きさにも関わらず、ロボットは最大160kgの荷物を載せて、時速10km/hで移動することができます。脚には12の関節があり、複雑な地形でも安定した姿勢を維持、前後移動、回転、ダッシュ、飛び越えたりと多様な動きを実現。更に周囲の地形や環境を感知するセンサーを搭載しており、通常の車両が侵入するのが難しい山岳、岩場、砂漠、森林といった複雑な環境でも自律行動でき、装備や補給品など物資を運搬します。

ロボットには運搬以外にももう一つの役割があり、それが情報・監視・諜報といったISR任務です。モジュール設計と160kgのペイロードはこのロボットに物資搭載する以外にもセンサーやカメラ、兵器を搭載できる余力があるということです。高リスクの戦闘ゾーン、遠隔地の国境地域、および兵士にとって過酷で複雑な環境において長時間に渡って近接偵察を行う役割が期待されています。

sponser

小型タイプも開発

中国はこのロボット以外にも重量32kgの小型の犬型ロボット「Geda」を開発しています。サイズは犬と同等で、40kgの荷物を運搬できます。声によるコマンドを理解し、人間の顔を認識。複雑な地形以外にもそのサイズで小道に入ることもできます。その他、中国のハイテク大手XiaomiはAIとリアルタイムでデータを通信できる11個の高精度センサーを搭載したが高機能ロボット「Cyber​​Dog」を開発するなど、ドローン同様、四足歩行ロボットの開発で世界をリードしています。

関連記事

[adcode]Photo by us airforce嗅覚、聴覚に優れた犬は昔から基地を警備する警備犬として訓練、配備されてきた。日本でも海上自衛隊や警視庁に配備されている。でも、この警備犬、将来的にはロボット犬に置き換[…]

警備犬はいなくなる?米空軍がロボット犬を配備

米空軍ではすでに警備用としてロボット犬”VISION60”を配備運用しており、四足歩行ロボットが兵士と随伴して戦場に投入される時代はすぐそこです。

関連記事

Photo Ghost Robotics 四足歩行ロボットを開発する「Ghost Robotics(ゴースト・ロボティクス)」は10月11日に開催されたアメリカ陸軍のイベントでスナイパーライフルを搭載した4足歩行の無人ロボット「[…]

Ghost Roboticsの狙撃銃を積んだロボット犬「SPUR」
sponser
sponser
中国が世界最大の四足歩行軍用ロボットを開発
フォローして最新情報をチェックしよう!